« 反省もなく | トップページ | 確信犯 »

もともと大臣になるための事前運動ですから

2008年9月25日(木)「しんぶん赤旗」

後期医療制度「見直し」

舛添厚労相「案」

大幅に後退

与党内から「無理だ」


 先週末、舛添要一厚生労働相が突然公表し、麻生太郎自民党新総裁も賛同したという、後期高齢者医療制度の「抜本見直し」案が、尻すぼみ状態になっています。

 舛添氏が十九日夜、公表した「見直し」案では、七十五歳という「年齢区分の廃止」なども提示。「制度の廃止へ」などと報じる一部新聞もありました。

 ところが、支持者に制度存続を正当化する説明をしてきた公明党からは、「聞いていない」(山口那津男政調会長)などと不快感が示されたり、厚労相経験者からは「『抜本的に』などとするのは無理だ」と異論が噴出しました。麻生氏も総裁に就任するや、「制度自体は悪くない。時間をかけて説明した方がいい」とトーンダウン(二十二日)。二十三日に自民、公明両党がまとめた政権合意では「より良い制度に改善」という表現に大幅に後退しました。

|

« 反省もなく | トップページ | 確信犯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もともと大臣になるための事前運動ですから:

« 反省もなく | トップページ | 確信犯 »