« ぶらさがり中止 | トップページ | いつか来た道 »

安全よりも

麻生という人の立場をよく示しています

麻生幹事長、柏崎刈羽原発「一刻も早い再開が必要」2008年8月26日朝日新聞

    
 自民党の麻生太郎幹事長は26日、新潟県中越沖地震で昨夏から停止している東京電力の柏崎刈羽原子力発電所について、東電の経費が膨れあがっていることを理由に、「一刻も早い再開が必要ではないか」との考えを示した。日本経団連と自民党首脳の懇談会で、経団連の御手洗冨士夫会長とのやりとりで述べた。  東電が今年5月に算出し報告した新基準地震動に対する国の審査は終わっておらず、耐震補強工事も始まったばかり。国による安全のお墨付きが出る前に、運転再開論を口にしたことで、地元の反発を招く可能性がある。

 

|

« ぶらさがり中止 | トップページ | いつか来た道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全よりも:

« ぶらさがり中止 | トップページ | いつか来た道 »