« ネットスーパー | トップページ | お詫びになっていない »

公共工事の基準は

Pa300004_3

熊本では川辺川のダム建設に反対のに、旧坂本村のダムを取り壊すのはお金がかかるのでしないという。国土交通省は車の将来予測を下方修正したので道路族が怒っているという。さらに、敦賀への新幹線の延長ではほとんど時間的なメリットもないのにどうするかという論議がされているとも、

静岡での空港開設が遅れて知事の責任云々が取りざたされています。しかし、どうでしょう。空港自体が必要だったとは思えません。社会保障が財政負担になると政府は言いますが、こんなにも無駄な公共事業があります。それも、予算獲得のために需要予測を作文して、完成すると赤字が続いています。

佐賀の空港もそうです。本当に必要だとするなら、量的な期待だけでなく、質的な評価をすべきです。福岡市の地下鉄七隈線は高齢者、障がい者、赤ちゃんを連れた人、人工肛門使用者など、いろんな人が使えるものになっています。しかし、当初の需要予測にはおそらく将来とも到達しないでしょう。そろそろ量だけのものさしから脱したが良いのではないか。

Pa300006

|

« ネットスーパー | トップページ | お詫びになっていない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公共工事の基準は:

« ネットスーパー | トップページ | お詫びになっていない »