« 生活ほっとモーニング | トップページ | 生き残ろうとしない »

引退の動機

どこで読んだか記憶がはっきりしませんが、小泉元総理の引退は、総理をやめて芝居見物をしていたりして、政界のきたなさに嫌気がさしたのではというのがありました。本人の気持ちの推測ですから自由ではありますが、それではなぜ息子にそんな仕事を継がせたのでしょうか。彼はもう賞賛される場がないことを知っていたのかと思うのですが

Pa020016

|

« 生活ほっとモーニング | トップページ | 生き残ろうとしない »

生き方」カテゴリの記事

コメント

始めまして
難しい問題に取り組まれましたね
「ゆく河の流れは絶えずして
しかも元の水にあらず」鴨長明
時の流れに逆らわず
流れに乗っただけでしょう
御子息も流れに乗せ
河の水が絶えないよう
自然の流れにしたがう
御子息が乗れるかどうかは
別問題でしょう
うん 難しい

投稿: マドラ- | 2008年11月11日 (火) 15時38分

コメントありがとうございます
今後もおつきあいください

投稿: つぶやき | 2008年11月12日 (水) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引退の動機:

« 生活ほっとモーニング | トップページ | 生き残ろうとしない »