« 知りたいことを伝えていますか | トップページ | 公立病院廃止は »

肝心の無駄が問題にされない

高齢者、障がい者など社会保障が必要な人に届かないのは、どこかに使われているものがあり、私たちのところに回したくないからです。みのもんたやTBSがやるような行政の無駄もありますが、造反した渡辺全大臣の天下り禁止も大して役に立つものにならなかった。だが、彼らも、問題にしないのが軍事予算です。今年、国際的に禁止されたクラスター爆弾を自衛隊は購入しています。1日の軍事演習で数億円の弾薬が使われることもあると言われています。

ある自衛隊の調達担当者は次のように話したという。

外国が新しい武器を買えば、より性能の高い武器を購入する。それは、エンドレスとなる。戦闘機1機約100億円するという。

これは、派遣労働者の生涯賃金を1億円としても100人分以上になりますし、戦闘機3機で障がい者からの費用徴収などしなくてすみます。

Pc140014

|

« 知りたいことを伝えていますか | トップページ | 公立病院廃止は »

社会保障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝心の無駄が問題にされない:

« 知りたいことを伝えていますか | トップページ | 公立病院廃止は »