« 肝心の無駄が問題にされない | トップページ | 今年もお世話になります »

公立病院廃止は

公立病院問題を財政削減から見る愚

佐賀県武雄市では市立病院の民間委託をめぐり、リコールの動きと併せて再選挙が行われ、民間委託を進める現市長が再選されました。政府が求める地方財政の「健全化」という名の「小さな政府」論により、医療が切り捨てられています。武雄市だけでなく、全国で起こっている問題です。夕張市では別の動きもありました。しかし、武雄市のように地方の都市において、市民病院が果たす役割は高く、国の財源問題に合わせていけば、結局、年寄りをはじめとして、医療過疎に一層拍車をかけ、医療難民は増えます。政府の調査でも、図のように、医療関係職員が圧倒的に少ないのです。福岡市でも、二つの市民病院の民営化が予定されています。福岡市には大学病院が2箇所、歯科を含めると3ヵ所ありますので、地方都市よりはダメージは少ないかもしれません。

武雄市の問題は私たちの町の問題です。

Photo

|

« 肝心の無駄が問題にされない | トップページ | 今年もお世話になります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公立病院廃止は:

« 肝心の無駄が問題にされない | トップページ | 今年もお世話になります »