« 美談に隠れて | トップページ | 知りたいことを伝えていますか »

長生きも大変か

100歳父殺害判決など

心中未遂の娘、71歳に懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決だったそうです。

裁判長は「長年にわたり献身的に介護に尽くす中で心身ともに疲弊し、衝動的に無理心中を決意した心情も理解できないではない」としながらも、「殺害に及んだのは短絡的といわざるを得ず、決して許されない」と述べたと新聞は伝えています。これだけ繰り返される心中事件についてほとんど対応しない政治家と厚生労働省の責任はないのでしょうか。長生きはつらいことしか待ち受けていないのではないかと妻と話した。妻はいつものようにピンピンコロリといくのだと希望的な観測を述べました。

もうひとつ長生きに関して、26日の朝日新聞に、台豊氏が医療費について述べています。

「たらたら飲んで食べて何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」。11 20 日の経済財政諮問会議での麻生首相の発言が波紋を呼んだ。(略)寿命が延びることによって新たに発生する医療費と、予防や健康診断にかかる費用の合計が、予防によって減らされる医療費を下回る保証はまったくない。さらに社会保障費、特に年金給付費は、高齢者の寿命の延びに正確に比例して容赦なく増大していく。

ここで言われているのは予防に力をそそげば医療費が抑制されるというのはありえないということです。長生きすれば当然医療費はかさむということです。予防が無駄ということでなく、事実を明確にした議論が必要だという指摘です。かかるものはかかるのです。それを努力すれば減らされるという幻想は捨てないといけないということです。総理は歩いたりして健康に留意されているようですが、全体的には長寿になっているので医療費を抑制することはできないということのようです。Pc120009

|

« 美談に隠れて | トップページ | 知りたいことを伝えていますか »

老後の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長生きも大変か:

« 美談に隠れて | トップページ | 知りたいことを伝えていますか »