« 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない | トップページ | 声を上げ続けることが大切か »

介護保険に税の投入を

保険制度を維持していくには高齢者が増えているのだから税金を投入しないと保険料は上がりますし、現役世代の負担も増えます。お金がないことはありません。膨大な天下りでの無駄遣いと利益・かんぽの宿みたいな国民財産の叩き売り そして役に立たない5兆円もの防衛予算。

P1120010

介護保険料09年度2094円…40~64歳、月平均

 厚生労働省は12日、2009年度に40~64歳の国民が払う介護保険料(2号保険料)の見込み額が、平均で年5万246円になると公表した。08年度からの伸び率は1・2%(613円増)にとどまった。サラリーマンの場合、労使で折半するため、月平均の保険料額は約26円増の約2094円となる計算だ。

|

« 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない | トップページ | 声を上げ続けることが大切か »

介護保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険に税の投入を:

« 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない | トップページ | 声を上げ続けることが大切か »