« リハビリこと | トップページ | 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない »

暴力団と手が切れるのか

「暴力は許さない」と市民1100人 組幹部銃撃事件受け、暴力追放大会 福岡・柳川市

2009年2月10日 19:54 カテゴリー:社会 九州・山口 > 福岡

 福岡県柳川市のすし店で1月20日夜、指定暴力団道仁会(同県久留米市)系組幹部(50)が銃撃され重傷を負った事件を受け、柳川市などが主催する「暴力団追放緊急総決起大会」が10日、同市の市民会館で開かれた。市民約1100人が参加し、暴力団根絶を訴えた大会決議を採択した。西日本新聞

P1100012

市議会議長がアピールを読んだという。前議長が暴力事件を起こし、その席に暴力団幹部も同席していたという。議員辞職を求めたのに対して議会は否決しました。そして、追放大会など噴飯モノです

|

« リハビリこと | トップページ | 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴力団と手が切れるのか:

« リハビリこと | トップページ | 後期高齢者医療制度廃止が国会の論争になっていない »