« 独り暮らしは大変 | トップページ | 後期高齢者医療制度保険料滞納 »

96歳の自転車運転

茨城県取手市の国道交差点で08年4月、横断中の自転車を避けようとしたトラック運転手が道路脇の建物に激突して死亡した事故で、自転車を運転していて重過失致死罪に問われた無職秋田正夫被告(96)の判決が3日、水戸地裁土浦支部であった。伊藤茂夫裁判官は「赤信号を見落として横断し、事故を引き起こしたのは重大な過失」として、禁固1年4カ月執行猶予3年(求刑同2年6カ月)を言い渡した。

朝日新聞

自転車を乗ることを防げるのか 90歳を超えても信号の見落としをしない人もいるかもしれない 想定できない問題が出てきています 難しいですね

P2120019

 

|

« 独り暮らしは大変 | トップページ | 後期高齢者医療制度保険料滞納 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 96歳の自転車運転:

« 独り暮らしは大変 | トップページ | 後期高齢者医療制度保険料滞納 »