« 増員が火災死亡を減らす | トップページ | またですか 麻生さん »

若年性認知症

新年度から本格支援

 65歳未満の現役世代が発症する若年性認知症の人が全国で推計3万7800人に上ることが19日、厚生労働省研究班の調査でわかった。

 若年性は働き盛りなどに発症するため、失業や経済的困難に結びつくことが多い。同省は新年度から、各地に支援担当者を配置するほか、就労支援や相談窓口の開設などに力をいれていく方針

読売新聞

|

« 増員が火災死亡を減らす | トップページ | またですか 麻生さん »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増員が火災死亡を減らす | トップページ | またですか 麻生さん »