« 介護や看病のために離職や転職をした男性は2万5600人 | トップページ | 有名知事の神経は »

老老介護は

私の足が丈夫なうちは…」

介護の夫が急死し妻が衰弱死か

 26日午後2時35分頃、鹿児島県薩摩川内市下甑町(下甑島)の男性(79)方で、男性がトイレ内、妻(78)が布団の中でそれぞれ死亡しているのを、訪れた同市の男性職員(53)が見つけた。 足の悪い妻は寝たきり状態で、男性が介護していた。県警薩摩川内署の調べでは、男性の死因は急性心臓死。男性が亡くなった後、介護を受けられなくなった妻が衰弱死したとみている。読売新聞より一部引用

P3100059

各紙で報道しています。10年前に島に戻ってきたという。最後を故郷でという思いだったと思います。施設利用もすすめられていたという。家族介護にこだわらない考え方の普及も課題かもしれませんし、家族介護と介護保険の併用が基本的な問題かもしれません

P3100060

|

« 介護や看病のために離職や転職をした男性は2万5600人 | トップページ | 有名知事の神経は »

孤立死」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護や看病のために離職や転職をした男性は2万5600人 | トップページ | 有名知事の神経は »