« 認知症サポーターできるかも | トップページ | 96歳の自転車運転 »

独り暮らしは大変

家族の介護力で高齢者の男性の寿命が違う

西日本新聞に産業医科大学の調査結果が掲載されています。

それによると女性はさして居住形態と介護力との関係は認められないが、「独り暮らしの男性の身体能力が低い」と判断された対象者では、同居者に十分な介護力がない(2)(3)群の死亡リスクは2・0倍で、(4)群の老老介護は5・0倍、(5)群の独居で支援ありは2・7倍、(6)群の独居で支援なしは12・2倍だった。 また、独居で支援を受けられない(6)群は、身体的に介護を必要としない人たちでも、死亡リスクが4・2倍と高い結果となった。」となっているという。

同居者に介護能力がある人に比べて、独り暮らしで支援がない人が12倍の違いがあるそうです。男性が独り暮らしに耐えられないのはいろいろな事情がありそうですが。

P2120016

|

« 認知症サポーターできるかも | トップページ | 96歳の自転車運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独り暮らしは大変:

« 認知症サポーターできるかも | トップページ | 96歳の自転車運転 »