« 裏があった新認定方式 | トップページ | 介護保険はどう変わるか »

朝日新聞社説に追加を

朝日新聞社説に欠けているもの

本日の社説ですが「高齢者施設火災―福祉行政と防災の貧しさ」としていくつかの問題点を指摘しています。

「出火当時、施設にいた職員は1人だけだった。これでは、体の不自由なお年寄り全員を避難させるのは難しかったろう。」

「経営者には命を預かっている自覚が十分あったのか。」

「墨田区は結果的に無届けの施設を、お年寄りに紹介していたことになる。」

「1人で動けない人がいる施設であれば、たとえ今の法律で義務づけられていなくても、スプリンクラーや火災報知機の設置を検討すべきだ。」

P3070059

防火設備の助成や施設数の増加も求めています。よく読むと職員一人では非難させるのは困難だとしていますが、職員増を求めていません。障がい者・高齢者グループホームとの関連なども触れられていません。もちろん、スペースの制限もありますので仕方がないでいのでしょうが、福祉行政の貧しさ・特に人員配置の必要性を強調すべきだし、地域との連携がないと福祉施設の安全は確保できないことも大事な視点だと思う。

|

« 裏があった新認定方式 | トップページ | 介護保険はどう変わるか »

介護施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏があった新認定方式 | トップページ | 介護保険はどう変わるか »