« 若年認知症 | トップページ | 生活保護/母子加算 再審査請求 »

要介護認定の廃止を

2009年5月15日(金)「しんぶん赤旗」

介護保険 与野党討論会

国の負担を増やせ

小池政策委員長が発言


 日本共産党の小池晃政策委員長は十三日、都内で開かれた与野党代表による政策討論会「介護保険の未来を語る」に出席しました。主催は、幅広い個人と団体でつくる全国組織「介護保険を持続・発展させる1000万人の輪」。


 主催者代表の高見国生氏(「認知症の人と家族の会」代表理事)は、「介護保険制度は改定のたびに負担が増え、使いにくさが増している。使いやすくしてほしい」と話しました。

 小池氏は、(1)保険料・利用料を減免して経済的理由で介護を受けられない人をなくす(2)「介護とりあげ」、「保険あって介護なし」の現状をただす(3)労働条件を改善して人材不足の解消をはかる―などを提案しました。

 国の負担割合について小池氏は、ただちに5%引き上げ、計画的に50%にまで増やすことを提案。「5%上げるのに必要な予算は米軍への思いやり予算と同じ約三千億円だ。米軍への思いやりより介護を受ける人への思いやりこそ求められる」と述べました。

 四月から導入された新しい要介護認定制度について、国民新党の森田高参院議員は「小池さんが(厚労省の)内部文書を爆発させた。あれを出してくる共産党はすごいと感心した。認定の下方修正が目的だと明らかにした」と述べました。

P4190016

党派を超えての連携が必要だと思います。

当日の雰囲気は下記で

http://1000man-wa.net/album/a/index.html

|

« 若年認知症 | トップページ | 生活保護/母子加算 再審査請求 »

介護保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若年認知症 | トップページ | 生活保護/母子加算 再審査請求 »