« 宅老所 | トップページ | 若年認知症 »

自死 1日80人余

日本では毎年3万人以上が自死しています。1日80人以上が亡くなっています。自死企図は10倍程度だと言われていますので毎日800人が自らの命を断とうとしています。

ところが、イラク戦争では3年程度での戦死者が3万人程度だそうです。

自死の衝迫と反テロ戦争

最近、イラク戦争における死者数を調べていて不思議の感に堪えなかった。英米系NGO イラク・ボディ・カウントの集計によると、二○  三年三月の開戦以来イラクではこれまでに最大で約三万六百人の民間人が爆撃や戦闘などに巻き込まれて殺されているという。あまりと言えば理不尽である。しかしながら、思えばこの数字、このところの日本の年間自殺者数と大差ない。日本では自殺者が二○  四年まで連続七年間三万人を超えた。戦争犠牲者と群れなす自殺者ー両者は一見、何の関係もなさそうだ。だが、彼方の死もこちら側の自死も、ともにニ十一世紀世界の不条理を刻んでいるのであり、もっともっと考察されていい。『自分自身への審問』より

P4160042

平和だと言われる日本でも不自然な死が毎年3万人を超えるというのは容易ならざる事態なのではないかと思います。自殺の背景にはうつ状態があり、うつの背景には様々な生活があるそうです。本当にひとりひとりの命が大切にされているのか。そんなことを考えてみたいと思います。老いていけば自死もかなわなくなるかもしれませんが

P4160043

|

« 宅老所 | トップページ | 若年認知症 »

老後の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅老所 | トップページ | 若年認知症 »