« 介護について意見交換を | トップページ | やはり仕組まれていた認定 »

介護認定の経過措置

4月からの介護保険の認定基準の変更が意図的に軽度になるように仕組まれていたことが分かり、国会で共産党の小池議員、民主党の山井議員が追及しました。そして、従来の判定を適用してもらいたいかどうかを記入する欄を設けることで厚生労働省は通知をしました。ところが、これは、4月以降、新規に判定される人には適用されません。ということは、認定基準は正しかったということにこだわっているのです。様々な内部文書などからも判定方法を意図的に操作したことは明らかです。それなのに、基準の影響調査をするという名目で世論をかわそうとしています。

P4130002

|

« 介護について意見交換を | トップページ | やはり仕組まれていた認定 »

介護保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護について意見交換を | トップページ | やはり仕組まれていた認定 »