« 介護認定の経過措置 | トップページ | 新しい介護認定 人間性を取り戻そう »

やはり仕組まれていた認定

2009年5月6日(水)「しんぶん赤旗」

介護給付 中・重度者に限定

利用者の4割排除

厚労省が検討 3300億円削減策

本紙が内部文書入手


 介護保険の給付対象者を要介護度2以上の中・重度者に限定すると三千三百億円の国庫負担削減になるなど、同制度の根幹を崩す改悪を検討していることを示す厚生労働省の内部文書を、本紙は五日までに入手しました。


写真

(写真)介護保険の給付対象の切り捨てや、利用料引き上げを検討した厚生労働省の内部文書

 同文書は、「介護報酬改定と対応について(未定稿)」と題する「平成20年3月19日 老健局」と記された「取扱注意」の内部資料。〇九年四月の改定で介護報酬を引き上げた場合の財源確保策として、「運用による縮減策」のほかに「制度見直しによる縮減策」を列挙。そのなかで「(1)給付範囲の見直し 給付の重点化(要介護度2以上の者のみ給付)の実施」をあげ、国庫負担削減額を試算しています。介護給付費ベースにすると一兆円程度の削減になります。

 これが実施されると、いまの利用者の四割を占める要介護1と要支援1・2の人が介護サービスから排除されます。

|

« 介護認定の経過措置 | トップページ | 新しい介護認定 人間性を取り戻そう »

介護保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護認定の経過措置 | トップページ | 新しい介護認定 人間性を取り戻そう »