« 応援になりましたか | トップページ | 今の年寄りは戸建てが多いようですが »

75歳以上の医療費無料化を

2009年6月22日(月)「しんぶん赤旗」

草の根から“共産党の風”

志位委員長、東京駆ける

安心と希望の選択肢を

 


 「日本には“安心と希望”の選択肢があります。それが日本共産党です」――。投票日が3週間後に迫る都議選と総選挙での躍進をと、志位和夫委員長は21日、東京都品川、大田両区内の3カ所を駆け巡り、各都議予定候補とともに支援を訴えました。

 志位氏がまず駆けつけたのが党都議会議席奪還を目指す品川区(定数4)です。鈴木ひろ子都議予定候補の勝利で「オール与党」に風穴をあけようと、大井町では、土砂降りの雨にもかかわらず、大勢の支援者らが集まりました。

 志位氏は、21世紀の日本の「進むべき道」として、(1)「ルールある経済社会」を築く(2)「自主・自立の平和外交」へ転換する―という「二つの旗印」を力説。「逆立ち都政」を変え、「オリンピックを看板にした巨大開発よりも、福祉・医療・教育にお金を使わせよう」と訴えました。

 「(志位さんのいうように)社会保障は、受益ではなくて権利ですよね」。息子が障害を持っているという女性(60)はこう述べて拍手を送り、「自立支援法撤廃と特養ホームの増設をぜひ」と願いを込めます。

 各党の話を聞くように心がけているという飲食店勤めの男性(33)は、「75歳以上の医療費を無料にという提案はいいですね。財源でも、1メートル1億円以上の道路より福祉をという話は具体的でよかった」と語りました。

P6010019

後期高齢者医療制度に対する案として各党の本音を知りたいですね

|

« 応援になりましたか | トップページ | 今の年寄りは戸建てが多いようですが »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 応援になりましたか | トップページ | 今の年寄りは戸建てが多いようですが »