« 財界に従った麻生総理 | トップページ | 過去を問うことで今を見つめる »

生存権シンポ

2009年6月14日(日)「しんぶん赤旗」

老齢・母子加算廃止NO

市民団体が生存権シンポ


 「老齢・母子加算廃止は憲法違反!いまこそセーフティーネットの拡充をしよう!」と国民生活を守るセーフティーネットと生存権裁判を考えるシンポジウムが13日、東京都内で開かれました。主催は、生存権裁判を支援する全国連絡会。

 反貧困ネットワーク代表の宇都宮健児弁護士と立教大学の湯澤直美教授がパネリストを務めました。

 宇都宮弁護士は、国の責任で社会保障を充実させなければいけないと指摘。貧困が深刻化する中、生活保護を支援する市民グループが多数できていることを紹介し、「ひろく協力、共闘して運動の輪をひろげ、裁判に勝利し、誰もが利用しやすい生活保護制度にしていこう」と呼びかけました。

 湯澤教授は、欧州などでは政府が子どもの貧困率を計算し、撲滅のために政策を出しているのに対し、日本では、教育を無償にしていないなどの政策で貧困化を促進しているとのべ、「国に子どもの貧困を考える審議会をつくってほしい」と話しました。

Photo

|

« 財界に従った麻生総理 | トップページ | 過去を問うことで今を見つめる »

老後の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 財界に従った麻生総理 | トップページ | 過去を問うことで今を見つめる »