« 孤独死 | トップページ | 後期高齢者医療制度 »

介護判定下がる

2009年6月18日(木)「しんぶん赤旗」http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-18/2009061804_04_1.html

新認定制度

“3割が介護度下がる”

小池議員 実例示し追及


写真

(写真)質問する小池晃議員=16日、参院厚生労働委

 日本共産党の小池晃議員は16日の参院厚生労働委員会で、新要介護認定制度の実施後、要介護度が低くなった人が増えている実例を示し、新認定制度の中止を求めました。

 小池氏が示したのは、北海道帯広市の調査結果。新しい要介護認定により、前回より要介護度が上がった人は18・7%、変わらない人は51・1%でした。一方、下がった人は30・2%にのぼっています。とくに「自立」と「要支援1」が大幅に増えています。

 小池氏は、全国の自治体関係者から「介護度が軽くなっている」という声が共通して出ていると指摘。「必要なサービスが受けられなくなったと判明してからでは遅い。旧制度にいったん戻し、被害を出さないような手だてを打った上で、新制度の検証をやり直すべきだ」とただしました。

 舛添要一厚労相は「ひっくり返すと大混乱になる」などと答弁。小池氏は「制度変更で要介護度が軽くなり、必要なサービスが受けられないほうが混乱が起こる」と批判しました。

|

« 孤独死 | トップページ | 後期高齢者医療制度 »

介護保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孤独死 | トップページ | 後期高齢者医療制度 »