病気

75歳以上の医療費無料化を

2009年6月22日(月)「しんぶん赤旗」

草の根から“共産党の風”

志位委員長、東京駆ける

安心と希望の選択肢を

 


 「日本には“安心と希望”の選択肢があります。それが日本共産党です」――。投票日が3週間後に迫る都議選と総選挙での躍進をと、志位和夫委員長は21日、東京都品川、大田両区内の3カ所を駆け巡り、各都議予定候補とともに支援を訴えました。

 志位氏がまず駆けつけたのが党都議会議席奪還を目指す品川区(定数4)です。鈴木ひろ子都議予定候補の勝利で「オール与党」に風穴をあけようと、大井町では、土砂降りの雨にもかかわらず、大勢の支援者らが集まりました。

 志位氏は、21世紀の日本の「進むべき道」として、(1)「ルールある経済社会」を築く(2)「自主・自立の平和外交」へ転換する―という「二つの旗印」を力説。「逆立ち都政」を変え、「オリンピックを看板にした巨大開発よりも、福祉・医療・教育にお金を使わせよう」と訴えました。

 「(志位さんのいうように)社会保障は、受益ではなくて権利ですよね」。息子が障害を持っているという女性(60)はこう述べて拍手を送り、「自立支援法撤廃と特養ホームの増設をぜひ」と願いを込めます。

 各党の話を聞くように心がけているという飲食店勤めの男性(33)は、「75歳以上の医療費を無料にという提案はいいですね。財源でも、1メートル1億円以上の道路より福祉をという話は具体的でよかった」と語りました。

P6010019

後期高齢者医療制度に対する案として各党の本音を知りたいですね

| | コメント (0)

糖尿病

糖尿病専門認定看護師を養成 県立大が新設 16人入学 新入生を代表して宣誓する櫻木さん  田川市の県立大が、糖尿病を専門とする認定看護師を養成する教育課程を新設し、5日、入学式が行われた。  認定看護師制度は、技術の高度化が進む医療現場に対応するため、日本看護協会が1995年に設けた。糖尿病が専門の看護師を養成する機関は、これまで同協会の看護研修学校(東京都清瀬市)のみだった http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukuoka/news/20090605-OYT8T01042.htm

| | コメント (0)

保険証なくても

保険証なくても3割負担に 新型インフルで厚労省

2009年5月18日 22:10 カテゴリー:政治

 厚生労働省は18日、国内での新型インフルエンザ感染の広がりを受け、国民健康保険料の滞納で健康保険証を返還させられ資格証明書しか持っていなくても、「発熱外来」を受診した際には、保険証と同様に扱うよう全国の自治体に通知した。これにより窓口負担は原則、70歳未満で3割、70歳以上は1割(現役並み所得者は3割)で済む。西日本新聞

| | コメント (0)

老人病院

昨日は鳥越俊太郎さんのがんとの闘いを見ました。福岡出身でお母さんが福岡市内におられます。痛み止めの点滴に注目しました。自分で調整できるそうです。

P4090017

私の父は老人病院で亡くなった。子供たちとの折り合いが悪かったが、わがままだが、ナイーブな人だったと思う。脳梗塞で少し不自由になると介護する人がいない。私たちの子供も小さく、どう介護するかも難しく、やっとのことで、老人病院で受け入れてもらった。私たちは助かったが、病院は糞尿の匂いが絶えないもので、長くいられない感じでした。父は毎日そこにいるわけですから、もうあきられた状態でした。でも、私には何もしてやれなかった。岩波新書『高齢者医療』には次のような記述があります。

 

八四年より始まる「特例許可老人病棟」の制度である。病床定員の七割を七○ 歳以上の、慢性疾患をもつ高齢者で埋めることができれば、老人病院として「特例許可」される。何が「特例」かといえば、医療スタッフの数である。一般病院は、入院患者一○ ○ 人に対し、医師六名、看護師二五名を配置するという規定がある。しかし特例規定によって、医師は二分の一、看護師は三分の二でよいと定められたのである(ケースワーカーや看護助手らを加え、ナース・ケアスタッフの合計は三○ 名まで認められた。80年代、この「老人病院」が続々 とつくられていった。

P4090018

決局は、悪徳病院がでまわり、身体拘束、薬漬けが問題なり、現在の療養病床削減理由になっているようにも思います。

| | コメント (0)

小説を

看病23年、夫への愛が題材 長編恋愛小説を自費出版

 美術教師の夫が脳出血で倒れ、体の自由も言葉の自由も失って23年。でも、苦境を乗り越えられたのは、愛があったからかもしれない。夫を看病しながら書いた、ある夫婦愛のカタチは原稿用紙600枚にもなった。(中島嘉克) 朝日新聞

| | コメント (0)

脳卒中搬送改善

脳卒中救急搬送で9日から新制度―東京都

  東京都は3月5日、脳卒中を発症した患者を速やかに適切な急性期医療機関に救急搬送する新制度を導入することを正式に決めた。9日から実施する。新制度では、救急隊員が搬送先を決める際の基準に「脳卒中疑いの有無判断」を新たに加えるほか、「東京都脳卒中急性期医療機関」の救急搬送受け入れの可否を記したカレンダーを毎月作成して消防機関などに提供し、脳卒中患者のスムーズな救急搬送を図る

キャリアブレイン

| | コメント (0)

認知症専門ドック

認知症専門ドック開設 九大病院 早期の治療目指す

2009年3月6日 00:18 カテゴリー:九州・山口 > 福岡 社会

 九州大学病院(福岡市東区)は5日、先進予防医療センターに「アルツハイマードック」を開設したと発表した。アルツハイマー病など認知症の早期発見に焦点を当てた専門のドックの開設は、全国でも珍しいという。(略)

所要時間は約2時間半で、2週間後に医師が結果を説明する。料金は4万4000円。

 センターではほかに、糖尿病との関連が指摘される歯周病など、口内の健康をチェックする「歯科人間ドック」も今年1月から開設している。同センター=092(642)5746。

=2009/03/06付 西日本新聞朝刊=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延命治療中止の制度化を

延命治療中止の制度化を

福岡大学病院で救急で搬送された人の延命治療を中止した経過が公表されました。医師としての悩みも大きいと思います。臓器提供と同じように意思表示システムを法制度化して無用の悩みを持たないようにすべきだと思います。乱用されないようにするなど検討すべきことはあるでしょうが、本人の意思に委ねる制度が早期に実現して欲しい。

P2020024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモが欲しい

今も病院に通っていますが、困るのは「家で腕を上げるようにして訓練してください」と内容を指示されます。ところがリハビリから帰る頃には忘れています。医師は「どんな検査を希望するか決めてください」と言われます。老いることは忘れることでもあります。それは若いときには想像できませんでした。できるだけメモが欲しい。そのメモさえ忘れることがあるかもしれませんが

Pb050007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳梗塞など

Pa190013

知人からのメールですが、お母さんが脳梗塞で倒れ半側失認などで大変なようです。知人も今年軽い脳梗塞でしたが後遺症がなかったので良かったのですが

私はもう3年過ぎました。リハビリはなんとか続けられていますが今朝のNHK生活ほっとモーニングのように打ち切りが続出しています。介護保険でやれると政府は言いますが体制が整っていません

| | コメント (0) | トラックバック (0)