平和

過去を問うことで今を見つめる

本日、西日本新聞に掲載された辺見庸氏の随筆「水の透視画法」にはナチスの戦争犯罪追及について述べられています。

「ナチ占領下のポーランド・ゾビプル強制収容所で2万9千人ものユダヤ人虐殺の手だすけをしたとして、ドイツの裁判所かり逮捕状がだされていた米国在住の男がミュンへンに移送されたという記事。よわいすでに89で自力で歩くこともできないこの老人が救急車にのせられている写真も見た。鼻腔チユーブをつけて力なくあおむいていた。もし有罪になれば、最大15年つまり百四歳までドイツの獄中ですごすことになるのだという。読みながら自問する。戦後64年で、そこまでするのか。そこまでしてもよいのか。そこまですべきなのかというのはさほどまで執拗なものなのか。自問は徐々にわが身にむかう。日本という国は記憶の精査を敗戦と同時にうちきり、その過去を現在の文脈によってもののみごとに変造しぬいている。すなわち、たくみに忘れたふりをしている。」

現在、自民党や民主党の世襲議員の中には戦争犯罪人として公職追放された人たちを父や祖父に持つ人たちがいます。民主党の鳩山代表の祖父・一郎氏も公職追放されています。ところが、民間レベルでの強制労働や捕虜虐待などはあまり問題にならず今日まで来ています。本日の西日本新聞に次のような報道がありました。

P5180021

「元捕虜「麻生首相は謝罪して」 旧麻生鉱業で炭鉱使役 /

福岡県飯塚市 第2次世界大戦中、麻生太郎首相の父が経営していた旧麻生鉱業の吉隈炭鉱(福岡県桂川町)で使役されていた元連合国軍捕虜のオーストラリア人男性らが来日、同県飯塚市で15日記者会見し「わたしたちに与えた苦しみに対し、麻生首相は国を代表し謝罪していただきたい」と訴えた。 来日したのは元捕虜のジョセフ・クームズさん(88)と息子2人、英国人捕虜だった故パトリック・マクアナルティさんの息子ジェームスさん(62)の計4人。16日に首相の親族が経営する麻生グループの親会社「麻生」(飯塚市)や吉隈炭鉱跡などを訪問する。 クームズさんは1945年5~8月に吉隈炭鉱で労働。「落盤事故が相次ぎ恐ろしかった。12時間もの重労働と粗末な食事のために両ひざを痛めた」と振り返った。首相に謝罪と補償を求める手紙を何度も送ったが返事がなく「奴隷のような労働をさせられた事実を認めてほしい」と訴えた。」

現在の総理の責任ではないかもしれませんが、日本国としての責任は免れないでしょう。謝ることで新たな歴史が始まるように思われますが。

P5190023

| | コメント (0)

憲法が危ない

2009年6月12日(金)「しんぶん赤旗」

改憲論議へ審査会規程 強行

憲法守るたたかいに全力

志位委員長が強く抗議


 日本共産党の志位和夫委員長は11日、国会内で記者会見し、自民、公明の与党が衆院本会議で憲法審査会規程の議決を行ったことについて、「与党の単独で強行したことに強く抗議する」と批判しました。

 志位氏は「憲法審査会を動かすことの目的は憲法改定案の発議に道を開くことにある」と指摘。「私たちは参院で審査会規程を議決させないための努力を最後までつくして、これを廃案にするために力をつくしたい」と述べました。

いよいよ安倍・麻生と続く政権の本音丸出しだしです

P5150020

| | コメント (0)

九条の会より

>● 「九条の会」事務局主催学習会≪深刻な経済危機と憲法9条≫
>      3月14日(土)午後6時~8時30分
>

P2230018

><詳細はこちらをクリックしてください>
>http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS090310.htm#090310a
>
>● 九条の会第3回全国交流集会 報告集
>     これからの「九条の会」の活動のための知恵が満載です。好評発売中
>
><詳細はこちらをクリックしてください>
>http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS090310.htm#090310b
>
>● 九条の会第3回全国交流集会 DVD、ビデオ好評発売中です。
>
><詳細はこちらをクリックしてください>
>http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS090310.htm#090310c
>
>● 「九条の会」からのカンパの訴え
>
><詳細はこちらをクリックしてください>
>http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS090310.htm#090310d

| | コメント (0)

ワンフレーズに踊る

 アメリカの大統領就任の報道が湯水のように流されています。「チェンジ」「yes we can」などの選挙スローガンが内実も示されていないのに国民を熱狂させ、日本人まで浮かれさせようとしています。数年前には「官から民へ」「改革」「自衛隊が行くところが非戦闘地域」という論理もないもので熱狂した国民がいました。オバマも手法は同じで、アメリカにはナショナリズムが沸騰しているようです。ガザでは国連施設まで攻撃されていても何もメッセージが出ていないことをメディアは問わない。言葉だけを紹介して「ひとつのアメリカ」を演出しています。

『残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ』(リヒテルズ直子 光文社)では次のようなオランダの教育を紹介しています。

プロパガンダは信じるな

高校生の課題対象となるヒトラー政権「あなたが1937 年にドイツにいた労働者だったと仮定して、あなたがなぜその当時ヒトラー政権を支持したのかについて、戦後これを回顧する形で理由を書きなさい」「ヒトラーが権力の座にあったドイツに生きていたドイツ人になったつもりで、ヒトラー政権のプロパガンダを書いてみなさい」これらは、オランダの高校生が、歴史の授業時間に実際にやらされている課題の例です。」

貧困にあえいでいたドイツであのファシズムが席巻したのはなぜか。国民が熱狂したのです。ヒトラーが仕掛けたものであっても、国民がノーという態度であればあそこまでいかなかったのです。日本でも同じです。元の総理は「選挙前の消費税アップ言明は駄目。一院制で経費節減」と目くらましで選挙をやれと言っている。国民はどう出るのだろう

P1030004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラエルの攻撃に抗議していました

福岡は今日も雪模様です。所用で天神まででかけました。そこに、福岡パレスチナ会の人たちがパレスチナに平和をと座り込みをしていました。雪の中、大変だと思いました。しかし、何かの意思表示が必要ですから、大切なことですが

P1110005

P1110006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人道支援を

NGOの医師が解放されたそうだ。ペシャワール会の伊藤さんのこともあり心配だった。海賊との闘いを名目に武器使用を含めた海外派兵が検討されています。それよりも、人道支援にお金を投入すべきです。身代金問題にマスコミは興味本位にとりあげていますが、軍隊を海外に派遣するより、人を派遣して、警備もして、仮に身代金要求があっても、人道派遣にこだわれば、それとして国際的な評価もありうるのではないかと思う。伊藤さんの死を無駄にしないためにも

2008083100000028jijpsociview000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙開発も軍事転用可能・平和賞の欺瞞

佐藤元総理がアメリカとの会談で核使用を容認していたことが分かった。そのなかに、当時、開発が緒に就いたロケットも軍事転用可能だと述べています。宇宙開発という美名はありますが、各国とも軍事と裏腹です。そのことを無視した報道が多すぎるのかもしれません。

外務省が公開したのは、国民の核アレルギーをやわらげて自前の核開発への地ならしではないかとの指摘もあります。こうした策略を暴いていかないと人類滅亡の愚に突入していく可能性が強まります。

Pc110003

| | コメント (0) | トラックバック (0)